申し訳ありませんが、まだデータがありません。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

自分を見直す

薬剤師・女性

薬剤師として転職をする場合には、自分を見直す必要があります。また、どうして転職をしたいのかといった理由を明確にしておく必要があります。
転職をするときに、面接で「将来どのようになりたいか」「どうして転職をしたいと思ったのか」という質問がされます。

ただ、給与を高めたい、恵まれた待遇のもとで働きたいということではなく、将来薬剤師としてどのようになっていたいか明確にする必要があります。
職場に長く務めていると、将来のことは考えられなくなってしまいます。そのため、転職というのは、自分を見つめなおす良い機会でもあるのです。

薬剤師として求められる人材は、社会人として、薬剤師として基礎知識があること、チームワークで連携しながら仕事をすることができる人、向上心を持っている人です。
医療機関というのは、常に進化を遂げています。そのため、常に新しい環境についていかなくてはなりません。向上心がなければ、働いていくことが出来ません。

アルバイトで転職をしようと考えている場合でも、上記のような人材が求められます。

転職を通じて、自分のことを見なおしてみましょう。
転職をする際に人材紹介会社などを利用することで、客観的に自分をみることが出来ますし、転職をサポートしてくれます。
無料で登録をすることが出来ますので利用してみてもよいでしょう。

自分に合った働き方

薬剤師・薬

薬剤師の求人には、正社員とアルバイトがあります。
それぞれの勤務形態で働く時間や給与、待遇が違ってきます。

正社員の場合には、責任感のある仕事が任されます。
また、週休二日制という働き方です。自分の担当の分野を持つことができるということでやりがいを感じることが出来ます。
患者さんや医療機関によって残業をすることがあります。ただ、常に安定した給料を得ることが出来ます。
待遇面は勤務先によって違います。

アルバイトの場合には、週に何日間働かなくてはならない、何時間働かなくてはならないという厳しい決まりがありません。勤務先によってはある程度条件がありますが、細かい条件は決められていません。
また、休日も気軽に取ることが出来ます。アルバイトからスタートしても、正社員になることができる職場も存在しています。
月給ではなく、時給となりますので、働いた分だけ給料を得ることが出来ます。

薬剤師に転職をするという場合には、どのようなことをしたいのかということを考えてから求人に応募するようにしましょう。